レーザー脇脱毛で色素沈着が治る?

レーザー脱毛したら色素沈着が治る本当の理由


レーザー脇脱毛で色素沈着を治るのは事実です。

 

 

ただし、脇の色素沈着を治す専用のレーザーではないので

 

脇脱毛した後に見たら黒ずみが薄くなってた

 

という結果的なお話になります。

 

 

詳しく説明していきますね。

 

 

ちなみに
本格的に脇の色素沈着を治すのであればレーザートーニングになります。
>>脇のレーザートーニング費用と治療の流れ

 

色素沈着に作用するアレキサンドライトレーザー


脱毛レーザー機器は、レーザーが黒いメラニン部分に反応して脱毛するものです。

 

 

しかし、過去の機器では
ひどく色素沈着している状態でのレーザー脇脱毛は火傷などのリスクがあるため、

 

・黒ずみ部分を避けて照射
・色素沈着が広すぎる際には照射不可能

 

とされていました。

 

 

なので、まずは自己処理などの刺激を与えることを中止し、

 

保湿やターンオーバーの促進などで色素沈着をなくすようにしてからの施術

 

という事が多かったのです。

 

専用のクリームも発売されています。

 

 

 

ですが現在は
色素沈着していても脱毛が可能になり
さらにレーザー照射によって色素沈着が薄くなったという声も増えています。

 

ホクロを残したい場合は避けますので申し付けください

 

との説明をしているクリニックも多いです。

 

 

色素沈着がある肌でも、
照射レベルを下げて脱毛をすることができ、メラニンに左右されない脱毛マシンが開発されたのです。

 

 

色素沈着が治るとされるレーザーは

 

・ジェントルレーズレーザー
・アポジーエリートレーザー
・ロングパス・アレキサンドライトレーザー
・Qスイッチ・アレキサンドライトレーザー

 

などのアレキサンドライトレーザーの種類になります。

 

 

現在では
ほとんどの医療脱毛がこの脱毛レーザーを使用するようになりました。

 

 

ちなみに
アレキサンドライトレーザーはシミ取り用としても使用されています。

 

 

シミ取り用アレキサンドレーザーは出力が弱いので脱毛には使えませんが
脱毛用アレキサンドレーザーは出力が強いのでシミ取りにもなってしまいます。

 

大は小をかねるワケですね。

 

もちろん
黒ずみ専用のレーザーではないので確証はありませんが
これが脱毛レーザーが色素沈着を治す理由なのです。

 

さらに「メディオスターNeXT PRO」の登場

 

メディオスターが従来のアレキサンドライトレーザーなどと大きく違う点は
メラニン色素に反応せず、発毛司令を出す「バルジ領域」を破壊する点です。

 

そのため、黒ずみがあった場合にも照射が可能です。

 

黒いものに反応しないので痛みも少ない。

 

 

医療脱毛として使われる機器のため、高額になりますが
肌への負担がないので美肌効果も高いとされています。

 

 

 

また
脱毛後に肌を冷やす鎮静ローションに
美白有効成分を取り入れることでより綺麗な肌に近づけることができるようになりました。

 

 

成分内容はクリニックごとに違いますが、主に
ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、アルブチンなど有効な成分が豊富に含まれています。

 

 

 

脱毛を受けることで自己処理をしなくてよくなりますね。

 

色素沈着しなくなる一番の近道は、自己処理をしなくなるということになります。